RSS | ATOM | SEARCH
ICカードリーダライタを購入

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

確定申告が近づいてきたということもあり、先日、マイナンバーカードに対応しているICカードリーダライタを新たに購入しました。

 

機種はSONYのPaSoRi RC-S380 

 

機種的には結構古い(のかな?)もののようで、価格も2500円レベルのものです。

 

特に特定の機種を購入するという気持ちがあったわけではなく、通りかかった家電店で目についたのがコレだったというだけですが、いわゆるカードをかざすだけで使える非接触タイプのものでもあったので、ほぼ即決という感じになりました。

 

 

このICカードリーダライタを実際に設定して使ってみた感想としては、まあ普通に使いやすいですね。

 

ドライバーやら何やらのセットアップ関連は(Windowsなら)基本的に本体をUSB接続すれば勝手にやってくれますし、特に(機器的な)動作に関する不備はありませんでした。

 

まあその人のPC環境や用途などにも左右される部分も結構ありますから、私とは違う感想を持つ方もいるかとは思いますが。

 

 

さて、とりあえず機器的な問題は無かったようなんですが、いざe-Tax関連の作業的な部分での確認をしようとすると・・・

 

なにやらe-Taxに関しては住基カードからマイナンバーカードに変更するといろいろとWEBサイトでの登録とか設定とかソフトのバージョンアップとかが必要になるんですね(苦笑)

 

特に自分のようにe-Taxソフト(ダウンロード版)を使っている者からすると、今まで公的個人認証やe-TaxのWEBサイトを訪れることすらあまり無かったので(笑)今回のように何かエラーメッセージが出るたびにサイトへ行って確認とか登録とかを・・・ってのが、必要以上に面倒くさく感じたのは確かかも(汗)

 

まあ私自身が怠け者化してるという事実を否定はしませんけど、もう少しこの辺り設定とか手続き上のことを簡潔にわかりやすく説明してくれていると助かるんですけどね。

 

あくまでも私の感覚というか、私の知り得た範囲での事ではありますけど、情報にまとまりが無いというか「必要な事はたぶんこのサイトのどこかに書いてあるはずなので自分で探して勝手にやって下さい」的な感じがしないでもない気がします(苦笑)

 

それでも今は以前に比べれば随分とわかりやすく親切な感じで説明されてる感じはありますけどね。

 

5、6年前なんかはe-Taxソフトをダウンロードする場所を探すのにも苦労したような記憶が・・・(苦笑)

 

 

で、それなりに悪戦苦闘しながら、登録とか設定とかについてのことは一応完了し、申告書を作成し正常に送信できる態勢は整ったのではないかと思います、たぶん。

 

あとは想定外のエラーとか不測の事態が起こらないことを祈るばかりです、オッサンはそういうのに弱いので(笑)

 

 

 

author:四角坊主, category:雑記, 15:49
comments(0), -
電子書籍には、なかなか・・・

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

最近、公共交通機関の中などでも電子書籍で読書を・・・という人をよく見かけるようになった気がします。

 

電子書籍というものが(特に若年層を中心に)急速に広がりつつあるというのは確かなのかもしれません。

 

実際、自分のところにも割引クーポン付きの電子書籍系の広告メールなどとかも結構来ますしね。

 

 

ただ個人的には、やっぱり電子書籍っていうのはなかなか馴染めませんねぇ・・・

 

いえ、価格に関する部分とか、書籍の管理に関すること等、いろいろなメリット・便利さはある程度理解しているつもりですけど、やっぱり長いこと紙の本にお付き合いしてきましたからね。

 

それに紙の本には紙の本ならではの良さというのもありますよね。

 

私は本を購入するのにネットも実際の店舗もどちらも利用するタイプですが、本屋さんという場所・空間は個人的にはかなり居心地が良く感じますし、それに本屋さんでなら(基本的にマンガ以外なら)中身・内容を吟味してから購入するかどうかという判断をし易いわけですから。

 

まあ、本屋さんで内容を確認してから電子書籍・・・みたいな、「アマゾンのショールーム」扱いされて大手家電店を悩ませたような手段もありますけどね(笑)

 

それと個人的には紙の本独特の手触りとか匂いとかも結構好きだったりで。紙の本好きの人は案外とそういう理由って多いんじゃないですかね、あくまで私の想像ですけど。

 

 

でもまあ、最近は少し電子書籍を試してみても良いかな、という気にはなっています。

 

電子限定の書籍というのも何かあるようですし、電子書籍を更に普及させるために今後もいろいろなサービスを各社が考えてくるでしょうからね。

 

それにもう私の部屋の中に本の置き場も少なくなって(自分の部屋が狭いので)きましたし(苦笑)

 

まあ、いらない本を処分すれば良いだけなんですけど、私はそういうことが基本的に苦手なタイプなので(汗)

 

 

いずれにしても今後は、電子と紙の二刀流に少しずつ移行していかなければいけないのかな、とは思います。

 

今はもう、1つのモノ・手段に固執する時代ではなくなってきたわけですから。

 

 

とはいえ、現実的には今後も暫くは私が購入する本の大半は、今まで通り紙の本ではないかな、とは思います。

 

人間とは(特に私のようなオールドタイプの人間は)なかなか、今までの自分の考えとか習慣のようなものを簡単には変えられない生き物ですからね(苦笑)

 

 

 

 

author:四角坊主, category:読書, 03:09
comments(0), -
暴落ふたたび

JUGEMテーマ:資産運用

 

今日の株式市場、日経平均はそんなにたいしたことはなかったのですが、マザーズが暴落と言ってもいいぐらいに大きく下げました。

 

今日の下げは「サンバイオ ショック」だそうで・・・っていうか、なんとかショックはもう何でもありですね(苦笑)

 

私も今日は、なかなかいい感じで傷を負ってしまいました・・・あはは(涙)

 

サンバイオが研究していた期待の新薬の治験結果が不調だった・・・というのが要因らしいですが、そもそもバイオベンチャーには日常茶飯事的な出来事のような気もするんですけどね、こういうのは。

 

新薬期待で相当な勢いで買われていたサンバイオが暴落するのは必然的な流れですが、なぜこれがマザーズ市場全体に波及するのかちょっと理解に苦しむところです。

 

連想的な売りで関連銘柄や他のバイオベンチャーが下げるというところまでは仕方のないところかもしれませんが、今日の下げっぷりはそういうレベルではないですからねぇ・・・。

 

マザーズの市場規模とか個人投資家が多いという点などが影響した感じでしょうか。追証警戒の換金売りなどで、売りが売りを呼ぶという展開、そんな部分もあったのかもしれませんね。

 

 

ちなみに私の持ち株に純粋なバイオ株はほぼ無いのですが、なぜかしっかりサンバイオ関連銘柄は所持していたりするわけでして。そしてその負の力もお借りして今日は面白いぐらいにコテンパンにやられました。

 

その関連銘柄とはケアネットなんですが、当然のごとく今日はストップ安。

 

まあ握っている株数も僅かなので致命的な打撃とかではないのですが、そもそもサンバイオ関連の思惑で買ったわけではない(サンバイオと業務提携以前から持っていた)はずなので、かなり気分悪いです(笑)

 

しかも、サンバイオが上昇する時には置いてけぼりで暴落にはお付き合いですからねぇ・・・困ったもんです。

 

ま、その間にいくらでも売却のチャンスはあったわけですから、単に自分の判断が未熟だっただけなんですけどね。

 

見方を変えれば、ケアネットあたりは今後まだ大きく下げるなら(自社の直接的な問題で下げているとは言い難いので)、買いのチャンスなのかもしれませんが・・・去年の年末あたりから完全に腰が引けている自分には、ちょっと難しいかもしれません(苦笑)

 

 

新興市場の下落は警戒していたのに結局はグズグズして対応が間に合わなかったし、手持ちのマザーズ銘柄の整理も間に合ったとは言い難いですから、個人的にはかなり情けない展開になってますが、とりあえず暫くは辛抱といったところでしょうか。

 

まあこういう日もあれば、また復活して大きく上昇する時もあるでしょう、きっと。

 

あ、あるかな・・・(汗)

 

あると良いんですけど(苦笑)

 

 

 

author:四角坊主, category:株式, 23:59
comments(0), -
古本などについて

JUGEMテーマ:読書の楽しみ

 

私自身は基本的に新品の書籍を購入するタイプ(アウトレット本は結構購入しますけど)なので、あまり古本や中古本を積極的に買うタイプでは無いと思うのですが、それでも時々はそういう本を購入したりはします。

 

絶版とか在庫切れなど、どうしても今すぐには手に入らないようなものについてはネットで古書・古本を取り扱っているところで目当ての本を探して注文する・・・というパターンが今は多いでしょうか。昔だったら古本屋を巡って一生懸命探したりもしたのでしょうが、そもそも昔ながらの古書店・古本屋自体が今は数も少なくなってますしね・・・こういうところにも時代の流れを感じますね(苦笑)

 

ちょっと暇つぶし的に古本を扱っている店(大抵は大手リサイクル系列の店ですが)をブラついて、100円とか2、300円程度の本を買ったりすることもありますが、ページに書き込みがあるものもそれなりにあったりして、買って良かったと思ったような記憶はあまり無いような気が・・・まあだからそのような値がついてるというわけなんでしょうけど(苦笑)

 

 

先日も、そのリサイクル系のお店で古本を手にして、なんとなく「買ってみようかな」という気になりかけていたものがあったのですが、ページをめくっていくと・・・

 

『誕生日おめでとうございます・・・』以下、何やら女性の文字でちょっとした文章が書いてある紙片が挟んでありました。

 

文の内容からすると、誕生日にどなたかにプレゼントしたもののようですが・・・うーん。

 

どういう経緯でこの店に中古本として引き取られたのかは知る由もありませんけど、こういうのを見てしまうと何か一気に購入しようと思う気持ちが萎えてしまいました(苦笑)

 

普通に考えれば、喜ばしい話というのも想像しにくいですしねぇ。そんなの考え過ぎ!と言われれば、それまでですけど(笑)

 

古本とかにはありがちな事なのかもしれませんが、可能な限りこういうものは店に並べる前にチェックしておいて欲しいものです。

 

妙なものを目にしなければ、こちらが変な想像とか連想とかをしたりすることも無いわけですから。

 

低価格帯の中古本にそんなに手間も暇もかけてられない、というところはあるんでしょうけど、個人的にはこの系列の店の(低価格帯の)本は、中身のチェックはかなりテキトーというイメージがあるのは事実かもしれません。

 

 

まあ、100円、200円の古本に、こんなにゴチャゴチャ言ってる自分もどうかとは思いますが(笑)

 

 

 

author:四角坊主, category:読書, 23:45
comments(0), -
下落の備えをしておきたいところ

JUGEMテーマ:資産運用

 

最近の日本の株式市場、どうもまだ調子がイマイチですねぇ・・・。

 

昨年暮れの下落からは、それなりにリバウンドはしてますが、現状ではここから上とも下とも言えない状況になっている感じです。

 

ちなみに個人的には、いまだに昨年末の傷が癒えていない状況でして、新規の買いにはやや(というか明らかに)腰が引けているところです。

 

現在まだ保有している新興市場、特に結構手元に残っているマザーズ銘柄の一部を早く手放しておきたいと思ってはいるのですが、なかなか思うようには動いてくれず、整理しきれていません。

 

またいつ滑落をし始めるかわからない市場環境ですし、特にマザーズとかの新興市場銘柄は下落のスピードも速く幅も大きいですから、とりあえず一定の下落リスクに対する備えをしておきたいところなんですが・・・

 

ただ、マザーズ指数に連動したETFって1つだけですよね(苦笑)

 

このETFは細かく刻んで売買できる点は良いんですが、レバレッジタイプのものでもないし、すぐ逆日歩とか発生する感じなので、あんまりこういう対策には向いていない気がします。

 

他にETNかなにかでマザーズ指数と連動したものがあったような気もしますが、そもそも「売り」から入れなかったハズなので、意味が無いですし・・・

 

 

まあ、先物が一番手っ取り早いんですが、確定申告が何となく面倒になりそうだなぁ・・・という気がしてたということもあるし、個人的にあまり関心の高いものでもありませんしたから、手を出してなかったんですよね、先物とかは。

 

とはいえ他に対策も無さそうだし、いろいろアレコレ考えるほうがよっぽど面倒なわけなので、それだったらもうマザーズ指数の先物で対策すればいいぢゃん・・・って話のような気がしてきました(笑)

 

もちろん先物は怖いところも大きいので、そう気安く触ってはいけない感じもありますが、単に下落対策と割り切った使い方をすれば、過度な資金の投入をしない限りは、まあ大丈夫ではないでしょうか。

 

本当はもっと初心者に優しい系のもので対応が出来ればベストなんですが、そもそも新興市場の銘柄を多く買っている時点でそれはかなり都合の良い話なわけですからねぇ・・・(苦笑)

 

 

さて、それじゃとりあえず先物の口座を開設しないと・・・って、おい、まだその段階なのかよ!な話ですね、コレ(汗)

 

 

 

author:四角坊主, category:株式, 19:33
comments(0), -