RSS | ATOM | SEARCH
最近では瞑想なども・・・

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

最近、いわゆる『瞑想』をすることが日課というか習慣みたいな感じになってます。まあ、1回あたり30分程度で多くても1日2回ぐらいのものですが。

 

かなり昔の、まだ少年とか若者だった時代に、瞑想の真似事のようなことをやっていたこともあったのですが、やっぱり若い頃というのは(私だけに限った事ではないと思いますが)今とは比べものにならないぐらい多くの煩悩に満ち溢れているわけですから(笑)そういうことはあまり長続きしなかったわけでして。

 

で、その後、某カルト集団が凶悪犯罪によって社会を大混乱させたということもあって(このカルト集団が瞑想という言葉を連発してくれたせいで)「瞑想」という言葉自体もすごく汚されてしまいましたし、また私自身も様々な煩悩の虜になっていましたので(苦笑)そういう「瞑想」的なものは忘却の彼方へ・・・という感じになっていったわけですが。

 

 

それから随分と時が流れ、気が付いてみるとマインドフルネスのような瞑想的なものが市民権を得るというか、普通に受け入れられるような時代になっているではありませんか(笑)

 

時代も変わるもんですね。

 

昔だったらたとえ某カルト集団の事件以前でも、仲間や友人に「オレ、瞑想してるんだ」なんて言おうものなら「はぁ???」みたいな感じで変人扱いされるのがオチだったと思いますけどね。

 

それが今では、禅や仏教的な瞑想、マインドフルネスなど多少呼び名とか流儀とかは違えども、瞑想的なものがそれなりに定着した感があるのですから不思議なものです。

 

マインドフルネスなどは「できるビジネスマンは、みんなやっている」みたいなキャッチコピーで、ビジネスマンのハートを鷲掴みに・・・してるかどうかは知りませんが(笑)そういうようなことが書いてある書籍なんかも見かけたような気がしますし。

 

まあ、みんなやっているかどうかは別にしても、それなりの数のビジネスマンやアスリートなどが、その分野の効率を高めるためとか、メンタル的な部分のケアをするために瞑想などの手法を使っているというのはあるのかもしれません。

 

いずれにしても、それなりにいい感じで「瞑想」というものが認められつつある現在の状況ではありますから、またヘンテコな輩が現れて、こういう分野が世間から怪しげな目で見られるかつての状況に逆戻りしないことを祈るばかりです。

 

 

しかし、こういう時代がもっと早く来てくれてるか、もしくは自分がもっと遅く生まれてたらなぁ・・・私もそんなに変人扱いされずに済んだと思いますけどね(笑)

 

 

 

author:四角坊主, category:雑記, 19:35
comments(1), -
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2019/01/23 12:41 PM